秋の読書2011『夜明けの街で』
まだまだ暑い、

今日この頃。


しかしながら、

暦のうえではは秋。



だったら、無理してでも、

秋っぽい事しようぜ!



というので、



今年もまずは


「読書の秋」



第一弾は


『夜明けの街で』
f0134464_1545769.jpg


著 東野圭吾


渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた…。


ですって。


本を20冊くらいまとめ買いした時に、何故か混ざっていた一冊。




不倫の話で、あまり好きではないタイプの話かなーって、

思っていたのですが、

中盤から後半にかけて、

ミステリー的な要素も出て来て、

最終的には思いも寄らない方向に話が進み、



面白かったが



ラストは非常に怖い。




世の浮ついている既婚男性は

一見の価値あり。



映画化もされているみたいです。
f0134464_15175043.jpg







赤津040.gif040.gif
[PR]
by paa2004 | 2011-09-07 15:23 | Book
<< 秋の読書2011vol.2『カ... とても怖くなった >>
トップ

hair lounge PAA BLOG
by paa2004
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧